いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

JR東日本E1系

JR東日本E1系

《最終更新》 2019.01.09

1.概要

E1系はJR東日本が1994年から製造した新幹線電車である。全車両2階建て構造であり、通勤・通学時間帯の輸送力増強に貢献した。東北・上越新幹線で使用され、2012年に全車が引退した。


2.外観の特徴

製造時期により車体に差異が存在し、1994年度に製造された車両(以下、前期形)は側扉窓の位置が低く、1995年度に製造された車両(後期形)は側扉窓の位置が高い。塗装の変化として、落成時はグレーと緑帯(旧塗装)であったが、リニューアルにあわせて青と朱鷺色(新塗装)に変更された。リニューアル工事は、2003年から2006年にかけて全編成に施された。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 前期形/旧塗装

1994年度に製造されたニシM1~M3編成の落成時の姿。2006年までにリニューアル工事が完了し、この姿は消滅した。

リストへ戻る
A02 前期形/新塗装

ニシM1~M3編成のリニューアル後の姿。2012年までに廃車され、この姿は消滅した。

リストへ戻る
B01 後期形/旧塗装

1995年度に製造されたニシM4~M6編成の落成時の姿。2006年までにリニューアル工事が完了し、この姿は消滅した。

リストへ戻る
A02 新塗装

ニシM4~M6編成のリニューアル後の姿。2012年の廃車までこの姿で使用された。現在はE153-104が鉄道博物館にて保存されている。

新潟新幹線車両センター ニシM5編成
新潟新幹線車両センター ニシM5編成
撮影場所 東京駅   撮影日 2011.04.30
リストへ戻る