いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

JR西日本キハ121/126形

JR西日本キハ121/126形

《最終更新》 2019.04.21

1.概要

キハ121/126形はJR西日本が2000年から製造した一般形気動車である。2003年にかけてキハ126形0・1000番台2両編成5本、10・1010番台2両編成5本、キハ121形9両が投入された。山陰本線を中心に使用されている。


2.外観の特徴

製造時期による差異が存在する。2001年に製造されたキハ126形0/1000番台(以下、前期形)は乗務員扉が省略されている点が特徴である。2003年に製造されたキハ126形10/1010番台とキハ121形(後期形)は乗務員扉が設けられている。塗装は全車両が青と赤帯(標準色)である。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 前期形/標準色

2001年に製造されたキハ126形0/1000番台の姿。乗務員扉が省略されている点が特徴である。現在もこの姿で使用されている。

後藤総合車両所 キハ126-4
後藤総合車両所 キハ126-4
撮影場所 出雲市駅   撮影日 2015.08.21
リストへ戻る
B01 後期形/標準色

2003年に製造されたキハ126形10/1010番台とキハ121形の姿。現在もこの姿で使用されている。

後藤総合車両所 キハ121-3
後藤総合車両所 キハ121-3
撮影場所 鳥取駅   撮影日 2015.08.19
リストへ戻る