いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

JR北海道キハ281系

JR北海道キハ281系

《最終更新》 2020.10.09

1.概要

キハ281系はJR北海道が1992年から製造した特急形気動車である。1993年にかけて特急「スーパー北斗」用として27両が投入された。


2.外観の特徴

製造時期による差異として、試作車(以下、試作形)は前面貫通扉窓が小型であり、量産車(量産形)は大型化されている。塗装は全車両が青色と黄緑色(標準色)である。

改造による変化として、落成当初の試作車は先頭部の側扉窓が他の側扉と同サイズであったが、量産化改造時に量産車と同様のサイズに変更(側扉改造)された。また、キハ281-902のみスカートが灰色(灰色スカート)であったが、量産化改造時に青色に変更された。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 試作形/標準色

試作車の落成時の姿。当初は先頭部の側扉が他の扉と同サイズであった。量産化改造時に小型化され、この姿は消滅した。

リストへ戻る
A02 試作形/標準色 [灰色スカート]

試作車の落成時の姿。キハ281-902はスカートが灰色であった。量産化改造時に変更され、この姿は消滅した。

リストへ戻る
A03 試作形/標準色 [側扉窓改造]

試作車の量産化改造後の姿。量産化改造によって先頭部の側扉窓は小型化され、スカートは青色に統一された。現在もこの姿で使用されている。

函館運輸所 キハ281-902
函館運輸所 キハ281-902
撮影場所 札幌駅   撮影日 2014.08.26
リストへ戻る
B01 量産形/標準色

量産車の姿。前面貫通扉窓は大型である。現在もこの姿で使用されている。

函館運輸所 キハ281-1
函館運輸所 キハ281-1
撮影場所 函館駅   撮影日 2020.08.31
リストへ戻る