いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

キハ38形

国鉄/水島臨海鉄道キハ38形

《最終更新》 2020.10.20

1.概要

キハ38形は国鉄が1986年から製造した一般形気動車である。1987年にかけて八高線に7両が投入された。1996年に久留里線に転用され、2012年まで使用された。1両が水島臨海鉄道に売却された。


2.外観の特徴

落成時期による差異は存在しない。落成時の塗装はクリーム色に赤と黒帯(以下、八高色)であったが、久留里線の転用にあわせて1996年にクリーム色に青帯(旧久留里色)に変更された。1997年には白をベースに緑と青帯で前面扉が黄色(新久留里色)になった。水島臨海鉄道では国鉄一般形気動車に準じた朱色とクリーム色のツートン(●一般色)で使用されている。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 ●八高色

落成時の姿。八高線に投入され、専用塗装が施されていた。1996年に久留里線に転用され、この姿は消滅した。

リストへ戻る
A02 旧久留里色

久留里線転用後の姿。1996年に久留里線に転用され、塗装が変更された。1997年に塗装が変更され、この姿は消滅した。

リストへ戻る
A03 新久留里色

塗装変更後の姿。1997年に塗装が変更された。廃車までこの姿で使用された。キハ38-1が千葉県いすみ市の「ポッポの丘」で保存されている。

幕張車両センター木更津派出 キハ38-2
幕張車両センター木更津派出 キハ38-2
撮影場所 木更津駅   撮影日 2007.05.03
リストへ戻る
A04 ●一般色

水島臨海鉄道のキハ38-104の姿。JR東日本から購入したキハ37-1003に国鉄一般気動車の標準色を施した。現在もこの姿で使用されている。

水島臨海鉄道 キハ38-104
水島臨海鉄道 キハ38-104
撮影場所 三菱自工前駅付近   撮影日 2016.08.19
リストへ戻る