いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

国鉄キハ391形

国鉄キハ391形

《最終更新》 2019.04.20

1.概要

キハ391形は国鉄が1972年に製造した試験用気動車である。ガスタービン動力の試験車として、3車体1ユニット構造の1両が製造された。1986年に廃車となり、以後は大宮総合車両センターで保管されていた。ところが、2015年に先頭部を残して解体された。


2.外観の特徴

落成時から外観に大きな変化は生じなかった。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01

キハ391-1の姿。落成時から廃車まで大きな変化は生じなかった。現在は先頭部のみが大宮総合車両センターで保管されている。

(※以下の画像は大宮車両センターでの保管中のもので、特急シンボルマークが撤去されている)

大宮総合車両センター キハ391-1
大宮総合車両センター キハ391-1
撮影場所 大宮総合車両センター   撮影日 2007.05.03
リストへ戻る