いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

JR東海キハ75形

JR東海キハ75形

《最終更新》 2020.01.27

1.概要

キハ75形はJR東海が1993年から製造した一般形気動車である。1999年にかけて、急行「かすが」、快速「みえ」、武豊線に2両編成20本が投入された。2015年から高山本線、太多線で運行を開始した。


2.外観の特徴

製造時期による差異が存在する。1994年に製造された0・100番台(以下、前期形)は前照灯が窓下に2灯であり、1999年に製造された200・300番台、ワンマン対応の400・500番台(後期形)は前照灯が貫通扉上部と窓下の4灯である。

改造による変化として、2009年頃からATS-PT車上子を保護するための保護板がスカート下部に取り付けられた。

2015年から一部車両が高山本線、太多線で運行を開始し、200・300番台に耐寒対策工事を施した1200・1300番台、耐寒対策工事とワンマン対応を施した3200・3300番台、400・500番台に耐寒対策工事を施した3400・3500番台が登場した。この改造による外観の変化は生じていない。

塗装は全車両がオレンジと白帯(●標準色)である。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 前期形/●標準色

1994年に製造された0・100番台の落成時の姿。2009年頃にスカート下部に保護板が設置され、この姿は消滅した。

名古屋車両区 キハ75-5
名古屋車両区 キハ75-5
撮影場所 名古屋駅   撮影日 2007.11.23
リストへ戻る
A02 前期形/●標準色 [保護板]

0・100番台の保護板設置後の姿。現在もこの姿で使用されている。

名古屋車両区 キハ75-103
名古屋車両区 キハ75-103
撮影場所 桑名駅   撮影日 2020.06.07
リストへ戻る
B01 後期形/●標準色

1999年に製造された200・300・400・500番台の落成時の姿。貫通扉上部の前照灯が特徴である。2009年頃にスカート下部に保護板が設置され、この姿は消滅した。

名古屋車両区 キハ75-401
名古屋車両区 キハ75-401
撮影場所 名古屋駅   撮影日 2007.11.23
リストへ戻る
B02 後期形/●標準色 [保護板]

200・300・400・500番台の保護板設置後の姿。現在もこの姿で使用されている。

名古屋車両区 キハ75-201
名古屋車両区 キハ75-201
撮影場所 桑名駅   撮影日 2020.06.07
リストへ戻る