いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

JR東日本キハE130系

JR東日本キハE130系

《最終更新》 2020.11.12

1.概要

キハE130系はJR東日本が2006年から製造した一般形気動車である。2007年にかけて水郡線にキハE130形0番台の13両、キハE131形0番台+キハE132形0番台の2両編成13本が投入された。2012年には久留里線にキハE130形100番台の10両、2017年から2018年にかけて八戸線にキハE130形500番台の6両とキハE131形500番台+キハE132形500番台の2両編成6本が投入された。


2.外観の特徴

番台区分ごとにスカート形状に差異がある。塗装は水郡線のキハE130形が黄色と赤色(以下、水郡赤色)、水郡線のキハE131形とキハE132形が黄色と青色(水郡青色)、久留里線の車両が緑色、水色、黄色(久留里色)、八戸線の車両が水色帯(八戸色)である。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 水郡赤色

水郡線のキハ130形0番台の姿。塗装は黄色と赤色である。現在もこの姿で使用されている。

水郡線営業所 キハE130-1
水郡線営業所 キハE130-1
撮影場所 水戸駅   撮影日 2016.04.17
リストへ戻る
A02 水郡青色

水郡線のキハ131形0番台+キハ132形0番台の姿。塗装は黄色と青色である。現在もこの姿で使用されている。

水郡線営業所 キハE132-13
水郡線営業所 キハE132-13
撮影場所 水戸駅   撮影日 2016.04.17
リストへ戻る
A11 久留里色

久留里線の100番台の姿。塗装は緑色、水色、黄色である。現在もこの姿で使用されている。

幕張車両センター木更津派出 キハE130-102
幕張車両センター木更津派出 キハE130-102
撮影場所 木更津駅付近   撮影日 2016.03.03
リストへ戻る
A21 八戸色

八戸線の500番台の姿。塗装は水色帯である。スノープロウと一体型のスカートが特徴である。現在もこの姿で使用されている。

八戸運輸区 キハE131-501
八戸運輸区 キハE131-501
撮影場所 八戸駅   撮影日 2020.10.30
リストへ戻る