いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

関東鉄道キハ2100形

関東鉄道キハ2100形

《最終更新》 2018.05.08

1.概要

キハ2100形は関東鉄道が1993年から製造した常総線用の気動車である。1996年にかけて12両が投入された。


2.外観の特徴

1993年に製造されたキハ2101~キハ2104は行先表示器が幕式であり、1995年以降に製造されたキハ2105~キハ2112はLED式である。当初の塗装は白を下地に窓回りをグレー、腰部に青色と朱色の帯(以下、旧塗装)であったが、2011年以降に白の下地に青と朱色の帯の塗装(新塗装)に変更されている。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 旧塗装

キハ2101~キハ2104の落成時の姿。行先表示器は幕式である。2011年以降の塗装変更により、この姿の車両は減少している。

関東鉄道 キハ2102号車
関東鉄道 キハ2102号車
撮影場所 水海道車両基地付近   撮影日 2016.04.17
リストへ戻る
A02 旧塗装 [LED]

キハ2105~キハ2112の落成時の姿。行先表示器はLED式である。2011年以降の塗装変更により、この姿の車両は減少している。

関東鉄道 キハ2112号車
関東鉄道 キハ2112号車
撮影場所 水海道駅付近   撮影日 2007.11.18
リストへ戻る
A11 新塗装

キハ2101~キハ2104の塗装変更後の姿。2011年よりこの塗装に変更されている。

リストへ戻る
A12 新塗装 [LED]

キハ2105~キハ2112の塗装変更後の姿。2011年よりこの塗装に変更されている。

関東鉄道 キハ2106号車
関東鉄道 キハ2106号車
撮影場所 水海道車両基地付近   撮影日 2016.04.17
リストへ戻る