いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

鹿島臨海鉄道

鹿島臨海鉄道

概要

鹿島臨海鉄道は茨城県の水戸駅と鹿島サッカースタジアム駅を結ぶ大洗鹿島線と、鹿島サッカースタジアム駅と奥野谷浜駅を結ぶ鹿島臨港線を運営する鉄道事業者である。大洗鹿島線は鹿島サッカースタジアム駅と鹿島神宮駅間でJR鹿島線に乗り入れている。1969年に鹿島臨海工業地帯の貨物輸送を目的として設立、1970年から鹿島臨港線の貨物営業を開始した。航空燃料暫定輸送開始の見返りとして、1978年に旅客営業を開始するも1983年には旅客営業を廃止した。1985年には国鉄の財政悪化により、日本鉄道建設公団が建設中だった国鉄鹿島線(北鹿島駅~水戸駅)を承継した大洗鹿島線を開業、同線で旅客営業を開始した。

現役車両

8000形
KRD形
KRD64形

退役車両

リスト作成中