いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

東京都交通局6300形

東京都交通局6300形

《最終更新》 2018.05.06

1.概要

6300形は東京都交通局が1993年から製造した地下鉄三田線用の電車である。6000形の置き換えと路線の延伸にあわせて、2000年までに6両編成37本が投入された。


2.外観の特徴

製造時期による差異が存在し、1993年に製造された6301F~6305F(以下、前期形)は小型のスカートが特徴である。1994年に製造された6306F~6313F(中期形)はスカートが大型に変更され、1999年と2000年に製造された6314F~6337F(後期形)は側扉窓の支持方式が押さえ金式から圧着式に変更された。また、スカートも開口部が広いものに変更されている。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 前期形

1993年に製造された6301F~6305Fの姿。小型のスカートが特徴である。現在もこの姿で使用されている。

志村車両検修場 6304F
志村車両検修場 6304F
撮影場所 多摩川駅   撮影日 2014.08.19
リストへ戻る
B01 中期形

1994年に製造された6306F~6313Fの姿。前期形に比べると大型なスカートが特徴である。現在もこの姿で使用されている。

志村車両検修場 6306F
志村車両検修場 6306F
撮影場所 多摩川駅   撮影日 2017.10.24
リストへ戻る
C01 後期形

1999年と2000年に製造された6314F~6337Fの姿。開口部の広いスカートと側扉窓の支持方式が圧着式であることが特徴である。現在もこの姿で使用されている。

志村車両検修場 6315F
志村車両検修場 6315F
撮影場所 多摩川駅   撮影日 2018.05.01
リストへ戻る