いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

東京都交通局8800形

東京都交通局8800形

《最終更新》 2018.02.24

1.概要

8800形は東京都交通局が2009年から製造した都電荒川線用の電車である。7500形の置き換えを目的として10両が投入された。


2.外観の特徴

製造時期による差異は存在しない。塗装は白を基調に前面と屋根部にアクセントカラーを配している。アクセントカラーは8801~8805号車がローズレッド(以下、赤色)、8806・8807号車がバイオレッド(紫色)、8808・8809号車がオレンジ(橙色)、8810号車がイエロー(黄色)である。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 赤色

8801~8805号車の姿。アクセントカラーはローズレッドである。

荒川車両検修場 8803号車
荒川車両検修場 8803号車
撮影場所 飛鳥山停留場付近   撮影日 2018.02.23
リストへ戻る
A02 紫色

8806・8807号車の姿。アクセントカラーはバイオレッドである。

荒川車両検修場 8807号車
荒川車両検修場 8807号車
撮影場所 大塚駅前停留場   撮影日 2012.05.04
リストへ戻る
A03 橙色

8808・8809号車の姿。アクセントカラーはオレンジである。

荒川車両検修場 8809号車
荒川車両検修場 8809号車
撮影場所 飛鳥山停留場付近   撮影日 2018.02.23
リストへ戻る
A03 黄色

8810号車の姿。アクセントカラーはイエローである。

荒川車両検修場 8810号車
荒川車両検修場 8810号車
撮影場所 飛鳥山停留場付近   撮影日 2018.02.23
リストへ戻る