いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

湘南モノレール5000系

湘南モノレール5000系

《最終更新》 2018.02.04

1.概要

5000系は湘南モノレールが2004年から製造した懸垂式モノレール車両である。400形と500形の置き換えを目的として、2016年にかけて3両編成7本が投入された。2016年以降は全列車が5000系によって運行されている。


2.外観の特徴

製造時期による差異は存在しないが、編成ごとに帯色が異なる。5601F(当初は5001F→5301F)は赤色であり、5603F(当初は5503F)は青色、5605Fは緑色、5607Fは黄色、5609Fは紫色、56011Fは●黒色、5613Fは桃色である。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 赤色

2004年に製造された5601Fの姿。帯は赤色である。2度の改番が実施され、当初は5001F(5001-5101-5002)であったが、後に5301F(5301-5201-5302)に変更、さらに現在の5601F(5601-5201-5602)となった。

湘南モノレール 5601F
湘南モノレール 5601F
撮影場所 大船駅   撮影日 2013.12.14
リストへ戻る
A02 青色

2007年に製造された5603Fの姿。帯は青色である。当初は5503F(5503-5203-5504)であったが、後に現在の5603F(5603-5203-5304)に変更された。

湘南モノレール 5603F
湘南モノレール 5603F
撮影場所 湘南町屋駅   撮影日 2017.10.18
リストへ戻る
A03 緑色

2009年に製造された5605Fの姿。帯は緑色である。

湘南モノレール 5605F
湘南モノレール 5605F
撮影場所 湘南町屋駅   撮影日 2017.10.18
リストへ戻る
A04 黄色

2014年に製造された5607Fの姿。帯は黄色である。

湘南モノレール 5607F
湘南モノレール 5607F
撮影場所 富士見町駅付近   撮影日 2017.05.02
リストへ戻る
A05 紫色

2015年に製造された5609Fの姿。帯は紫色である。

湘南モノレール 5609F
湘南モノレール 5609F
撮影場所 富士見町駅付近   撮影日 2017.05.02
リストへ戻る
A06 ●黒色

2015年に製造された5611Fの姿。帯は黒色である。

湘南モノレール 5611F
湘南モノレール 5611F
撮影場所 富士見町駅付近   撮影日 2017.05.02
リストへ戻る
A07 桃色

2016年に製造された5613Fの姿。帯は桃色である。

湘南モノレール 5613F
湘南モノレール 5613F
撮影場所 富士見町駅付近   撮影日 2017.05.02
リストへ戻る