いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

横浜新都市交通2000形

横浜新都市交通2000形

《最終更新》 2018.04.27

1.概要

2000形は横浜新都市交通が2010年から製造したAGT(新交通システム)車両である。開業時から使用されていた1000形の置き換えを目的として、2014年にかけて5両編成16本が投入された。現在は全列車がこの車両で運行されている。


2.外観の特徴

製造時期による差異はない。塗装は第31編成~第45編成が幾何学模様がデザインされた塗装(以下、標準色)であり、第46編成のみ黒と赤帯の塗装(特別色)である。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 標準色

第31編成~第45編成の姿。

横浜シーサイドライン 第41編成
横浜シーサイドライン 第41編成
撮影場所 並木中央駅   撮影日 2018.03.13
リストへ戻る
A02 特別色

第46編成の姿。

 横浜シーサイドライン 第46編成
横浜シーサイドライン 第46編成
撮影場所 野島公園駅   撮影日 2018.03.13
リストへ戻る