いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

愛知高速交通100形

愛知高速交通100形

《最終更新》 2018.11.18

1.概要

100形は愛知高速交通が2002年から製造した磁気浮上式鉄道用車両である。2005年にかけて3両編成9本(01~09編成)が投入された。09編成のみ2005年日本国際博覧会協会が保有しており、万博輸送終了後の2006年に廃車されている。


2.外観の特徴

製造時期による差異や改造による変化は生じていない。塗装は白をベースに窓回りを黒、窓上に青帯(以下、標準色


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 標準色

100形の姿。現在もこの姿で使用されている。

愛知高速交通 04編成
愛知高速交通 04編成
撮影場所 公園西駅   撮影日 2018.04.21
リストへ戻る