いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

北近畿タンゴ鉄道KTR8000形

北近畿タンゴ鉄道KTR8000形

《最終更新》 2019.07.28

1.概要

KTR8000形は北近畿タンゴ鉄道が1996年に製造した気動車である。JR線直通の特急「タンゴディスカバリー」用に2両編成5本が投入された。現在は特急「まいづる」、「はしだて」のほか、自社線内の快速・普通列車に使用されている。2015年からリニューアル改造が施され、「丹後の海」の愛称が与えられた。


2.外観の特徴

製造時期による差異は存在しない。落成時は全車両が水色と白のツートン(以下、旧塗装)であったが、2015年から2017年にかけて施されたリニューアル改造で青に金帯(新塗装)に変更された。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 旧塗装

落成時の姿。2015年から2017年にかけてリニューアル改造が施され、この姿は消滅した。

北近畿タンゴ鉄道 KTR8013編成
北近畿タンゴ鉄道 KTR8013編成
撮影場所 京都駅   撮影日 2012.12.27
リストへ戻る
A02 新塗装

リニューアル後の姿。2015年から2017年にかけて全車両にリニューアル改造が施された。現在はこの姿で使用されている。

京都丹後鉄道 KTR8003編成
京都丹後鉄道 KTR8003編成
撮影場所 宮津駅   撮影日 2019.07.21
リストへ戻る