いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

神戸電鉄6000/6500系

神戸電鉄6000/6500系

《最終更新》 2019.01.19

1.概要

6000系は神戸電鉄が2008年から製造した電車である。2010年にかけて4両編成3本が投入された。

6500系は神戸電鉄が2016年から製造した電車である。2018年にかけて3両編成4本が投入された。


2.外観の特徴

全車両が黒と赤帯の塗装(以下、●標準色)であるが、6001Fのみ前面の赤帯が細い(●標準色(細帯))。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 ●標準色(細帯)

6000系6001Fの落成時の姿。前面帯が細い点が特徴である。現在もこの姿で使用されている。

神戸電鉄6001F
神戸電鉄 6001F
撮影場所 鈴蘭台駅   撮影日 2015.03.11
リストへ戻る
A02 ●標準色

6000系6002F以降と6500系の落成時の姿。6001Fと比較すると前面帯が太い。現在もこの姿で使用されている。

神戸電鉄6501F
神戸電鉄 6501F
撮影場所 丸山駅   撮影日 2018.12.16
リストへ戻る