いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

平成筑豊鉄道400/500形

平成筑豊鉄道400/500形

《最終更新》 2021.03.30

1.概要

400形は平成筑豊鉄道が2007年から製造した気動車である。2010年にかけて12両が投入された。

500形は平成筑豊鉄道が2008年に製造した気動車である。イベント対応車両として1両が投入された。


2.外観の特徴

落成時の塗装は401~407が黄色に青・緑・水色のストライプ(以下、標準色)であり、408は水色(水色)、409はピンク色(ピンク色)、410は黒色(●黒色)、411は黄緑色(黄緑色)、412は100形等に準じた白をベースに赤・オレンジ・水色帯(旧塗装)、501は茶色に金帯(茶色)である。2017年に409が標準色に変更され、410は紫色(紫色)に変更された。2018年には411が緑色(緑色)に変更された。2019年には観光列車「ことこと列車」の専用車両として401と402がメタリック系の赤に金帯(ことこと列車)に変更された。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 標準色

401~407の落成時の姿。

平成筑豊鉄道 409
平成筑豊鉄道 409
撮影場所 金田駅   撮影日 2021.03.21
リストへ戻る
A11 水色

408の落成時の姿。「ちくまる号(ブルー)」として、イラストが施されている。現在もこの姿で使用されている。

平成筑豊鉄道 408
平成筑豊鉄道 408
撮影場所 金田駅   撮影日 2016.08.26
リストへ戻る
A12 ピンク色

409の落成時の姿。「ゆめタウン号」として企業ロゴが施されていた。2017年に標準色に変更され、この姿は消滅した。

平成筑豊鉄道 409
平成筑豊鉄道 409
撮影場所 金田駅   撮影日 2016.08.26
リストへ戻る
A13 ●黒色

410の落成時の姿。「炭都物語号」としてイラストが施されていた。2017年に塗装変更され、この姿は消滅した。

平成筑豊鉄道 410
平成筑豊鉄道 410
撮影場所 金田駅   撮影日 2016.08.26
リストへ戻る
A14 黄緑色

411の落成時の姿。「ちくまる号(グリーン)」としてイラストが施されている。2018年に塗装変更され、この姿は消滅した。

平成筑豊鉄道 411
平成筑豊鉄道 411
撮影場所 金田駅   撮影日 2016.08.26
リストへ戻る
A15 旧塗装

412の落成時の姿。開業時の車両に準じた塗装が施された。現在もこの姿で使用されている。

平成筑豊鉄道 412
平成筑豊鉄道 412
撮影場所 金田駅   撮影日 2021.03.21
リストへ戻る
A16 茶色

501の落成時の姿。愛称は「へいちく浪漫号」である。

平成筑豊鉄道 501
平成筑豊鉄道 501
撮影場所 金田駅   撮影日 2016.08.26
リストへ戻る
A17 紫色

410の塗装変更後の姿。2017年に「つながる号」に変更された。現在はこの姿で使用されている。

リストへ戻る
A18 緑色

411の塗装変更後の姿。2018年に「ちくまるLINEスタンプ号」に変更された。現在はこの姿で使用されている。

平成筑豊鉄道 411
平成筑豊鉄道 411
撮影場所 金田駅   撮影日 2021.03.21
リストへ戻る
A19 ことこと列車

401・402の改装後の姿。2019年に観光列車「ことこと列車」の専用車両として、内外装が更新された。現在はこの姿で使用されている。

平成筑豊鉄道 402
平成筑豊鉄道 402
撮影場所 金田駅   撮影日 2021.03.21
リストへ戻る