いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

東武鉄道6050系

東武鉄道/野岩鉄道/会津鉄道6050系/634型

《最終更新》 2021.06.12

1.概要

6050系は東武鉄道が1985年から製造した快速列車用の電車である。6000系の走行機器を流用し、2両編成22本が製造された。また、完全新造車も2両編成11本が製造された。このうち、野岩鉄道が所有する2両編成2本が100番台、会津鉄道が所有する2両編成1本が200番台に区分されている。2017年までは、会津田島や日光方面の快速、区間快速に充当されていた。現在は南栗橋以北の列車に使用されている。

2012年に東武鉄道の6050系の2両編成2本が、展望車である634型に改造された。愛称は「スカイツリートレイン」である。同編成は特急「スカイツリートレイン」に充当されたが、2017年に列車の運行が終了した。現在は主に団体列車に使用される。


2.外観の特徴

6050系は機器流用車と完全新造車が存在するが、外観の差異はない。また、所有会社による差異もない。塗装は白ベースに赤とオレンジ帯(以下、標準色)である。2019年と2020年に2両編成2本が6000系のツートン(復刻色)に変更された。

634型は展望仕様に内外装が改装されており、塗装は編成ごとに異なる。634-11Fは寒色の水玉塗装(スカイツリートレイン寒色)、634-21Fは暖色の水玉塗装(スカイツリートレイン暖色)である。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 6050系/標準色

6050系の製造当初からの姿。

南栗橋車両管区新栃木出張所 6156F
南栗橋車両管区新栃木出張所 6156F
撮影場所 下今市駅   撮影日 2019.08.11
リストへ戻る
A02 6050系/復刻色

6162Fと6179Fの塗装変更後の姿。日光線全線開通90周年を記念して、かつて6000系に施されていた塗装に変更された。現在もこの姿で使用されている。

南栗橋車両管区新栃木出張所 6179F
南栗橋車両管区新栃木出張所 6179F
撮影場所 板倉東洋大前駅   撮影日 2021.06.06
リストへ戻る
B01 634型/スカイツリートレイン寒色

2012年に改造された「スカイツリートレイン」の姿。634-11Fは寒色の水玉塗装である。

南栗橋車両管区新栃木出張所 634-11F
南栗橋車両管区新栃木出張所 634-11F
撮影場所 東岩槻駅   撮影日 2014.05.24
リストへ戻る
B02 634型/スカイツリートレイン暖色

2012年に改造された「スカイツリートレイン」の姿。634-21Fは暖色の水玉塗装である。

南栗橋車両管区新栃木出張所 634-21F
南栗橋車両管区新栃木出張所 634-21F
撮影場所 大宮駅   撮影日 2014.05.24
リストへ戻る