いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

信楽高原鐵道SKR400/SKR500形

信楽高原鐵道SKR400/SKR500形

《最終更新》 2021.08.02

1.概要

SKR400形は信楽高原鐵道が2015年に製造した気動車である。1両が投入された。座席配置はロングシートである。

SKR500形は信楽高原鐵道が2017年に製造した気動車である。1両が投入された。SKR400形に準じているが、座席配置がクロスシートに変更されている。

2.外観の特徴

塗装に差異があり、SKR400形は赤茶色に金帯(以下、赤茶色)、SKR500形は深緑に金帯(深緑色)である。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 赤茶色

SKR401の姿。塗装は赤茶色に金帯である。現在もこの姿で使用されている。

信楽高原鉄道 SKR401
信楽高原鐵道 SKR401
撮影場所 貴生川駅   撮影日 2021.07.31
リストへ戻る
A02 深緑色

SKR501の姿。塗装は深緑色に金帯である。現在もこの姿で使用されている。

信楽高原鉄道 SKR501
信楽高原鐵道 SKR501
撮影場所 貴生川駅   撮影日 2018.08.26
リストへ戻る