いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

土佐くろしお鉄道9640形

土佐くろしお鉄道9640形

《最終更新》 2021.05.19

1.概要

9640形は土佐くろしお鉄道が2002年から製造した気動車である。2005年にかけて、ごめん・なはり線に11両が投入された。


2.外観の特徴

1Sと2S(以下、展望形)は特別仕様車であり、海側にオープンデッキが設けられている点が特徴である。塗装はクジラをイメージしたデザインであり、ベース色が異なる。1Sは青色(青色)、2Dは緑色(緑色)である。

3~11(一般形)は一般仕様車である。塗装は3~10が青帯(標準色)、11は「手のひらを太陽に号」として青・緑・白(●特別色)である。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 展望形/青色

9640-1Sの姿。海側オープンデッキが設置された特別仕様車である。青色を基調としたデザインが特徴である。現在もこの姿で使用されている。

土佐くろしお鉄道 9640-1S
土佐くろしお鉄道 9640-1S
撮影場所 後免駅   撮影日 2015.08.25
リストへ戻る
A02 展望形/緑色

9640-2Sの姿。海側オープンデッキが設置された特別仕様車である。緑色を基調としたデザインが特徴である。現在もこの姿で使用されている。

リストへ戻る
B01 一般形/標準色

9640-3~10の姿。一般仕様車である。現在もこの姿で使用されている。

土佐くろしお鉄道 9640-7
土佐くろしお鉄道 9640-7
撮影場所 後免駅   撮影日 2015.08.25
リストへ戻る
B02 一般形/●特別色

9640-11の姿。イベント対応車であり、「手のひらを太陽に号」として特別塗装が施されている。現在もこの姿で使用されている。

土佐くろしお鉄道 9640-11
土佐くろしお鉄道 9640-11
撮影場所 高知駅   撮影日 2020.09.20
リストへ戻る