いろかたちに注目する鉄道車両図鑑

土佐くろしお鉄道TKT-8000形

土佐くろしお鉄道TKT-8000形

《最終更新》 2021.05.19

1.概要

TKT-8000形は土佐くろしお鉄道が1988年から製造した気動車である。1999年にかけて、中村線・宿毛線に8両が投入された。


2.外観の特徴

1988年に製造されたTKT-8001~8005(以下、前期形)は冷房装置が床下に設置されているが、1997年と1999年に製造されたTKT-8011・8012・8021(後期形)は冷房装置が屋根上に設置されている。

落成時の塗装は水色と青帯(標準色)である。2006年にTKT-8021が「だるま夕日号」として赤をベースにだるま夕日をイメージしたデザイン(●特別色)になった。2011年以降はTKT-8021を除く全車両にラッピング装飾が施されている。


3.バリエーション一覧

No.
現状
特徴

4.各バリエーション解説

A01 前期形/標準色

1988年に製造されたTKT-8001~8005の姿。冷房装置は床下に設置されている。2011年以降はラッピング装飾が施され、この姿は見られない。

リストへ戻る
B01 後期形/標準色

1997年と1999年に製造されたTKT-8011・8012・8021の姿。冷房装置は屋根上に設置されている。2011年以降はラッピング装飾が施され、この姿は見られない。

リストへ戻る
B02 後期形/●特別色

TKT-8021の塗装変更後の姿。2006年に「だるま夕日号」として赤をベースにだるま夕日をイメージしたデザインが施された。現在もこの姿で使用されている。

土佐くろしお鉄道 TKT-8021
土佐くろしお鉄道 TKT-8021
撮影場所 宿毛駅   撮影日 2016.08.20
リストへ戻る